百年天井院
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

桜桃溝の新農村文化の活動を賑やかにさせるため、区の政治協商委員会は66万元を寄付して、住民たちの「自然劇場」を作りました。この劇場は2008年4月にできて、敷地面積は12畝、西東長さ130メートルで、南北幅60メートルで、建築面積は450平方メートルで、青レンガと黒瓦をメイン色にしています。古典風の舞台が設置され、舞台の下方に着替え室や音響室、休憩室等があります。この劇場は文化的な活動場所を提供しているし、古典劇の引受と宣伝の為に重要な手段でもあります。

当該文をプリントアウトする 窓を閉める