百年天井院
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

百年天井院は鄭州地域の天井式建築の重要な代表でもあり、地元で特色ある民居の一種類でもあり、現在まで100年余りの歴史があります。院の頂きから下の向いて見ると、院全体は巨大な井戸に非常に似ていることから、そう名付けられた。それは、桜桃溝村にある王と言う人が清の末頃建てられたそうです。その家全体は東向けで、三面は平地で、一面は溝に面し、瓦の部屋6つと「窑洞」と呼ばれる洞穴式住居9つがあります。このような天井式建築は地元の自然環境に慣れるために作られた住居だけど、本当は清の時代に鄭州住民たちの家の様子を表していると言えましょう。天井院の東側にできて以来はもう桜桃の木がいっぱい植えられ、200年来ずっと天井院の自然の塀になり、戦争から逃がれましたから、今日まで保存できたと言います。ここはこの観光地にある建築文化史における又もう1つ重要なスポットになります。

当該文をプリントアウトする 窓を閉める