老奶奶庙
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

桜桃溝観光地管理委員会の大路西社区内に位置し、東南は「代家门村」まで約500メートルあり、西は賈魯河の上流側にある九娘庙河の隣で、河の隣の階層地二級にあります。遺跡の北西部には小さな廟が建てあり、地元の人により、「老奶奶庙」(又「九娘娘庙」と呼ばれ、それゆえ、「老奶奶庙遗址」の名前になりました。

この遺跡は2005年の冬に発見されました。この遺跡は北京大学の考古文博学院と鄭州市の文物考古研究院により、2011年4月から8月まで共に発掘されたもので、面積が約50平方メートルであり3000余りの石製品や、12000あまりの動物骨骼や破片が見つかり、火を使った遺跡が20何箇所あり、そして多層積層体とする連続分布されている古人類の住居面があった。この新しい発見は当時の人々が集中地で連続暮らしの詳細をある程度表しているんです。これを、近年、嵩山の東南の麓に発見された300余りの旧石器場所と完全に繋ぐと、鄭州地域の後期更新世人類の生息環境を再現できるし、また現代の文化と密接に関連する一連の遺物発掘は中国と東アジア地域に暮らしている現代人類の出現と発展等と言う紀元前の考古学における核心課題に非常に重要で新たな証拠も提供してくれました。

「老奶奶庙遗址」には主に、火使い跡の積み重ねを中心とした住居の遺跡及び、大量の石製品、動物の骨骼等の遺物は発見されました。この考古発掘は中国人がアフリカから来たと言う説を転覆し、中国内及び東アジア地域の現代人類とその文化の源及びその発展等といった紀元前考古のシリーズ課題に重要な新しい資料を提供しているため、「2011年全国十大考古新発見」と称えられている。

当該文をプリントアウトする 窓を閉める