「老奶奶庙」と言う(廟)の旧石器遺跡は
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

桜桃溝観光地の大路西社区内に位置し、今日から4万年くらいあると言う。この遺跡は北京大学の考古文博学院と鄭州市の文物考古研究院により、2011年4月から8月まで共に発掘されたもので、面積が約50平方メートルであり、3000余りの石製品や、12000あまりの動物骨骼や破片が見つかり、火を使った遺跡が20何箇所あり、そして多層積層体、連続分布されている古人類の住居面があった。遺跡に大量の石製品、動物の骨骼等の遺物及び多数の火使い跡があり、それらは当時人類の住居構造が複雑化になる動向を反映している。「老奶奶庙」旧石器遺跡は「2011年全国十大考古新発見」と称えられている。


当該文をプリントアウトする 窓を閉める