「胡家垴」遺跡
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

この遺跡は桜桃溝観光地内にある李河社区胡家垴自然村の南から約100メートルの所に位置し、賈魯河東源上流にある周家寨河北岸の高地にあり、面積は約2万平方メートルである。周家寨河北岸の河と合流の両側における黄土地層内に灰層と活動面は旧石器時代後半の文化遺存であり、今日から約1万年があると言う。「胡家垴」旧石器遺跡は鄭州地域にある重要な旧石器時代中後半の文化遺存の1つであり、活動面、灰層、石製品及び動物化石等の遺跡遺物により、ここはこの地域における唯一の用火跡の原始地埋蔵の露天場所であることは十分に証明されている。2008年6月16日に、河南省政府により、「胡家垴」遺跡が五番目の文物保護機構だと発表された。


当該文をプリントアウトする 窓を閉める