「陳頂」遺跡
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

主に桜桃溝観光地管理委員会の桐樹窪社区の陳頂自然村に位置し、鄭州市の政府により、2009年6月に鄭州市における二番目の文物保護機構とされた。

この遺跡は東が賈魯河東源の上流側にある九龍廟河に接し、南と北の両側が賈魯河の支流に隣接し、南北長さ600メートルで西東幅500メートルで、面積約30万平方メートルである。断面に発見された文化層の厚さは0.8~1.2メートルであり、主に陶片が含まれている;「灰坑」と言う穴は袋の形状に見え、包含物には陶片や獣骨等がある。  陶質には泥質の陶と沙雑りの陶があるけど、沙雑りの陶が主である;色の方から見ると灰陶、褐陶等がある;模様には、縄紋や弦紋、追加積紋、生地等がある;認識できる器には陶の缶、皿、鬲、大口尊等の遺物がある。測定により、この遺跡の時代は殷の時代の「二里崗」文化時期だと言う。


当該文をプリントアウトする 窓を閉める