袁河旧石器遺跡
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

この遺跡は桜桃溝観光地管理委員会の袁河社区にある袁河自然村の北東から約400メートルの所にあり、賈魯河西源聖水 峪河の東岸の高地である面積は約5000平方メートル(長約100メートルで、幅約50メートル)である丘陵地域に位置しているため、南高北低の地勢になり、黄土が育まれている。切岸の断面は高さ約18メートルで、上は厚さ約4メートルの「馬蘭黄土」(ロッセルマラン)の蓄積層であり、下は厚さ約13メートルの河湖の堆積層(底にある黄土堆積層が含まれる)はである。考古専門家たちは下方にある河湖の堆積層内の上部から底部まで約10メートルの所に発見した石製品、動物化石及び採集された石製品のサンプルとシリカ質岩製品により、この場所は旧石器時代の中半頃の文化遺存であることを測定でき、現在まで約2万年があると言う。


当該文をプリントアウトする 窓を閉める