「石匠荘北」遺跡
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

桜桃溝観光地管理委員会の桜桃溝社区にある石匠荘自然村の北部から約200メートルの所に位置している。北は賈魯河に接し、東と西両側は賈魯河支流にある。第三回の全国文物のジェネラル調査の時発見され、南北長さは400メートルあり、西東幅は350メートルあり、面積は14万平方メートルがある。地勢は南から北へと傾いている。北部の切岸断面に分布している文化層が発見され、厚さ1.2メートルで、赤褐土であり、土の質はやや硬い。包含物には陶片や板瓦片等がある。地表にも、陶片や瓦等が少し見つかった。陶質には泥質の陶と沙雑りの陶がある;色の方にしては、灰陶と赤陶がある;模様には、縄紋や生地等がある;認識できる器には陶の缶、皿、鬲等の遺物がある。この遺跡の文化的な意味合いが豊かで、文化の積み重ねが多いため、歴史と考古の価値が重要である。後の鑑定により、西周から東周の時代の文化遺存だとされている。その発見は西周の時代から東周の時代へと過渡していた期間における社会文化研究にとって、重要な意義を持っている。


当該文をプリントアウトする 窓を閉める