「周垴」遺跡
由来:本ステーション  発表期日:2017/08/10

桜桃溝観光地管理委員会の上李河社区にある周垴自然村の北部から約200メートルの所に位置している。北が賈魯河の上流に接し、東と西両側が賈魯河のしん支流にある。この遺跡は南北500メートルで西東幅300メートルで、面積は約15万平方メートルある。地勢は南が高くて北が低い。地表には陶片が見つかった。階層地の切岸断面には灰坑と文化層が分布されている。文化層は厚さ0.6メートルで、赤褐土で、土の質は柔らかく、包含物には陶片等がある。灰坑の形状は不規則で、中の土は灰褐土で、植物の灰が混ざっていて、土が緩んでいるのである。その包含物には陶片等の遺物がある。陶質には泥質の陶を主として、イガイ挟みの陶も少しある;色の方では、灰陶と赤陶があり、灰陶を主とする;模様には、縄紋や弦紋、積紋、生地等がある;認識できる器には陶の缶、壺、皿、豆等の遺物がある。この遺跡は春秋戦国時期の文化遺存に属されている。この遺跡における文化的な意味合いが豊かで、文化の積み重ねが多いため、歴史と考古の価値が重要である。

 

当該文をプリントアウトする 窓を閉める